ヨガ・ピラティス

【ピラティス資格おすすめ5選】オンライン・短期・格安

ピラティス資格おすすめ5選☆オンライン・短期・格安☆

海外セレブをはじめ、国内の芸能人・モデル・スポーツ選手にも人気のピラティス。

ヨガをより解剖的に捉えた西洋医学的なアプローチで、健康管理・ボディメイク・体幹トレーニング・リハビリに一環としても注目されています。

本記事では、これからますます活躍が期待される「ピラティスインストラクター」になるための、おすすめ資格5選と取得スクールを紹介していきます。

オンライン受講可能、初心者から始められる、ヨガインストラクターに比べて短期間で安く資格取得が可能と、それぞれのスクールで様々なメリットがありますので、ぜひ参考にしてください。

 

たろー

たろー

アメリカの大学でスポーツ経営を学び卒業。帰国後、温浴施設でのセラピスト業務、バレエカンパニーでのマッサージトレーナー、Googleオフィスでのマッサージ業務、リラクゼーションサロン経営などを経て、現在ブロガー&ライターとして、マッサージ、瞑想、ヨガなど、癒しや健康についての記事を書いています。

 

ピラティスの効果やヨガとの違いなど、ピラティスについての詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。

【ピラティスとは?】効果・やり方・ヨガとの違いを徹底解説

 

ピラティスインストラクターになるには?

ピラティスインストラクターには国家資格がありませんので、ピラティスを教えるのに必ずしも資格が必要ということはありません。

しかし、スタジオ講師として働くとなると資格がないと厳しいのが現状です。

ほぼすべてのインストラクターが何らかの民間資格を取得しているので、講師として活動するには資格の取得が必要になってきます。

 

ピラティス資格の種類

ピラティス資格の種類

ピラティスには、床の上にマットを敷いて行う基本的な「マットピラティス」と、リフォーマーやキャデラックといったマシンを使用して行う「マシンピラティス」が有名です。

その他にも、スタビリティチェア、ラダーバレル、スパインコレクター、アークバレルといった専用機器を使用したピラティスもありますが、初心者から資格取得を目指すのであれば、マットかマシンまたはその両方がおすすめです。

初めはヨガのように場所を問わずに行えるマットピラティス、よりボディメイクやシェイプアップに重点を置くのであればマシンピラティスも取得といった流れで良いでしょう。

それぞれ流派がありますが、マットもマシンも学べるスクールも多いので、自分の目指すべきスタイルにあったピラティススクールを選びましょう。

通信&短期間で取得できるピラティス資格もありますが、本記事では、ピラティスインストラクターとして胸を張って活動できるための資格を紹介していきます。

 

ピラティス資格を選ぶ際のポイント

ピラティスインストラクター資格を選ぶ際に重要になってくるのが、PMAに加盟しているか否かです。

PMAは、ザ・ピラティス・メソッド・アライアンス(The Pilates Method Alliance®)という、アメリカのフロリダに本部を構える、ピラティス指導者の国際的な資格と教育基準を設定しているピラティス団体になります。

ピラティス創始者のJoseph H. Pilates(ジョセフ・H・ピラティス)氏が考案したピラティスやそのメソッドを継承する、由緒正しきピラティス国際団体ですね。

ヨガ資格でいうところの「全米ヨガアライアンス」のようなもので、PMAが認定しているスクールで資格を取得すれば、世界中のどこに行ってもピラティスインストラクターとして通用しますよといった感じで捉えてください。

逆に言うと、PMAが認定していないピラティス資格でしたら、あまり取得するメリットはありません。

せっかくお金をかけるのであれば、世界に通用するピラティス資格を取得することをおすすめします。

 

ピラティスインストラクター資格おすすめ5選

ピラティスインストラクター資格おすすめ5選

ピラティスインストラクター資格のおすすめ5選を紹介していきます。

PMAに加盟している国際的にも有名なおすすめのピラティス資格(ピラティスインストラクター養成スクール)は以下の5つです。

 

 

他にも様々な民間資格がありますが、国際的に有名で知名度の高い資格は上記の5つになるので、この中から選んで間違いはありません。

やはり、zen place pilatesと提携している、BASIピラティスBalancedBody(バランスドボディ)の2つが知名度も高く、ピラティスインストラクターとして活動するには有利に働きます。

BASIピラティスの場合は「zen place pilates」で体験レッスンを受けてからというのが一般的な流れになります。

zen place pilates

それぞれのスクールで「オンライン講座」も開催していますので、チェックしてみましょう。

 

1. BASIピラティス指導者資格コース

BASIピラティス資格コースは、世界40ヶ国以上650ヶ所以上に広まる世界で最も歴史があり最大規模のピラティスインストラクター養成コースです。

国内だけで3,000人以上の卒業生がおり、ネットワークの広さと、卒業後の活動のサポートも充実しています。

BASIのインストラクター資格は4つに分かれています。

基本的な「マットピラティス指導者資格」、マット資格取得後に受けられる「マシンピラティス指導者資格」、両方の資格取得後に受けられるプロフェッショナルな「コンプリヘンシブ資格」があり、医療従事者の方には、ピラティス未経験からマットとマシンを同時に学べる「医療従事者向けコース」も用意しています。

東京・大阪・名古屋・岩手・北海道・仙台の6都市で開催される通学コースと通学&オンラインのハイブリッドコース、完全オンラインコースがあります。

日本最大のピラティススタジオ「zen place pilates」と提携しており、zen placeでインストラクターとして採用されれば、勤務時間内で無料で受講することも可能なので、まずは体験レッスンを受けて色々と相談してみましょう。

zen place pilates

BASIピラティス

資格名:BASIピラティス指導者資格コース

資格コース:マット、マシン、コンプリヘンシブ、医療従事者向け

受講スタイル:通学、ハイブリッド、オンライン

費用:マットオンライン¥198,000(税込)~

期間:36時間(6日間+試験1日)~

公式サイト▼

basi PILATES

 

2. BalancedBody認定ピラティスインストラクター資格

40年以上の歴史があるピラティスマシンメーカー「BalancedBody」が提供するピラティスインストラクター資格です。

BalancedBodyは、ジョセフ・ピラティス氏と共に開発したマシンを世界100か国以上に販売展開している、世界最大規模のピラティスマシンメーカーですね。

メーカーならではの豊富なエクササイズを学ぶことができ、様々な流派のピラティス団体にも使用されているため、中立な立場として、最新のメソッドや伝統をバランスよく取り入れたプログラムになっています。

「マットインストラクター資格」、「リフォーマーインストラクター資格」、「コンプリヘンシブ資格」に加え、イスラエルの理学療法士によって開発されたマシンを使用した「CoreAlign® (コアアライン)インストラクター資格」があります。

資格取得後は「zen place」のインストラクター採用オーディションを受けることができます。

 

BalancedBody

資格名:BalancedBody認定ピラティスインストラクター資格

資格コース:マット、リフォーマー、コンプリヘンシブ、コアアライン

受講スタイル:通学、オンライン

費用:マットオンライン¥198,000(税込)~

期間:102時間~

公式サイト▼

BalancedBody認定ピラティスインストラクター資格

 

3. PHI Pilates 認定資格

PHI Pilatesは、カリフォルニア大学にて20年以上にもわたりピラティスを研究し、ピラティスのエクササイズが姿勢矯正させることを証明した論文も発表している、クリスティン・ロマニ・ルビィ氏(教育学博士・理学療師・アスレチックトレーナー)によって考案されたピラティスです。

PMAの会員であり、ジョセフ・H・ピラティス氏が考案したリハビリテーションとコンディショニングとしてのピラティスを、正式に継承している団体のひとつです。

マット、リフォーマー、タワー(キャデラック)資格の他にも、プロップス、バレル、チェアーと様々な器具を用いたインストラクター資格が用意されています。

腰痛に特化した「ユアバックインストラクター資格」もおもしろいですね。

 

PHI Pilates

資格名:PHI Pilates 認定資格

資格コース:マット、リフォーマー、タワー(キャデラック)、プロップス、バレル、チェアー、ユアバック

受講スタイル:通学

費用:マット¥242,000(税込)~

期間:4日間~

公式サイト▼

PHI Pilates 認定資格

 

4. Peak Pilates 認定資格

Peak Pilates(ピークピラティス)は、アメリカのフロリダ州に本部があるPMA認定のピラティスインストラクター資格団体です。

マシンや器具を使用した「エクイップメント資格」と、「マット資格」があり、日本では表参道と鎌倉で受講することができます。

 

Peak Pilates

資格名:Peak Pilates 認定資格

資格コース:エクイップメント、マット

受講スタイル:通学

費用:マット¥151,200(税込)~

期間:50時間~

公式サイト▼

Peak Pilates 認定資格

 

5. FTP Pilates 認定インストラクター資格

FTPは、新しいインストラクターへの徹底した理論的・実践的な知識を与えるニーズに対応する為に、1991年イギリス・ロンドンでスタートした、フィットネス全般の教育組織です。

日本でも1998年からピラティスインストラクターの養成を行っている、歴史のある団体ですね。

マットピラティスインストラクターのベーシックコースとその上位コース、妊婦やママさん向けに指導するマタニティコースがあり、日本各地にあるアカデミーや認定校で受講することができます。

 

FTP Pilates

資格名:FTP Pilates 認定インストラクター資格

資格コース:マット、マタニティ

受講スタイル:通学

費用:マットベーシック 約¥17,000(税込)~

期間:30時間(約6日)~

公式サイト▼

FTP Pilates 認定インストラクター資格

 

まとめ

以上の5団体が、PMA認定でもあり、ピラティスインストラクターを目指すすべての人におすすめできるピラティス資格団体になります。

その他ですと、ヨギー・インスティテュートで受講できるNYで人気の「パワーピラティス」やイギリス本部の「ボディコントロールピラティス」、カナダが本部の世界的にも有名な「STOTT PILATES(ストット・ピラティス)」などが有名です。

ぜひ、ご自身の希望にあうスクールで資格取得を目指しましょう。

 

-ヨガ・ピラティス