トリガーポイント 頭痛・首こり・顔の痛み

顎関節症のツボ・トリガーポイントと痛みを取るマッサージ方法

顎関節症のツボ・トリガーポイントと痛みを取るマッサージ方法

顎関節症のツボ(トリガーポイント)と、痛みの原因となる筋肉を解説します。

後半では、顎関節症の痛みを取るトリガーポイントマッサージ(指圧)方法についても説明します。

顎関節症は、口を開けた時の顎の痛みやクリック音、耳の痛みや耳鳴り、歯の痛みが出るといった症状です。

発症原因は様々ですが、噛み合わせの問題よりも、ストレス・過緊張・歯の食いしばり・歯ぎしり等での顎関節周りの筋肉への負担が有力視されています。

医療機関の受診が第一ですが、トリガーポイントマッサージにより、顎関節症の痛みの重症化や慢性化を予防する効果は十分に期待できます。

 

トリガーポイントとは、簡単に説明すると痛みの原因となるコリ(ツボ)のことです。

そのトリガーポイントをマッサージや指圧で刺激し、消滅させることで、痛みが取り除かれます。

トリガーポイントについての詳しい説明や、痛みを取るトリガーポイントマッサージ(指圧)方法については、下の記事で解説しています。

【トリガーポイント】一覧マップ・効果・マッサージ法を全て解説

 

顎関節症のツボ・トリガーポイントと痛みを取るマッサージ方法

✕マークがトリガーポイントが発生しやすい箇所を示しています。

薄く丸で囲んでいる箇所が、痛みの症状が出る範囲(関連痛)を示しています。

 

顎関節症のツボ(トリガーポイント)と痛みの原因となる筋肉①

顎関節症のツボ(トリガーポイント)と痛みの原因となる筋肉②

顎関節症の原因となる筋肉

  • 側頭筋
  • 咬筋
  • 外側翼突筋
  • 内側翼突筋
  • 顎二腹筋
  • 顎舌骨筋
  • 僧帽筋
  • 頭半棘筋
  • 頸板状筋
  • 頭最長筋
  • 後頭筋

 

顎関節症のトリガーポイントマッサージ方法

医療機関の受診と、お医者さんの指示に従うことが最優先ですが、顎関節を固定している上記の筋肉をほぐしたり、痛みの原因となっているトリガーポイントを消滅させることで、顎関節症の痛みの重症化や慢性化を予防できる可能性は十分にあります。

内側翼突筋と外側翼突筋は、口の中に指を入れてのアプローチとなるため、初心者の方にはおすすめできませんが、その他の筋肉はセルフマッサージでも十分アプローチできますので、下記のトリガーポイント指圧の手順に従ってマッサージをしてみましょう。

 

トリガーポイントマッサージ(指圧)手順

トリガーポイントマッサージ(指圧)の手順 痛みを取る方法①

トリガーポイントマッサージ(指圧)の手順 痛みを取る方法②

トリガーポイントマッサージ(指圧)の手順 痛みを取る方法③

トリガーポイントマッサージ(指圧)の手順 痛みを取る方法④

 

 

下記の記事で、トリガーポイントについての詳しい説明や、全身のトリガーポイントマップなども紹介していますので、顎関節症以外にも気になる痛みがある時は参考にしてみてください。

【トリガーポイント】一覧マップ・効果・マッサージ法を全て解説
【トリガーポイント】一覧マップ・効果・マッサージ法を全て解説

今日は「トリガーポイントの全て」についてわかりやすく簡単に、なおかつ日本一濃い内容でお伝えできたらと思います。 記事の前半は、「トリガーポイントとは」「トリガーポイント治療とマッサージ」「トリガーポイ ...

続きを見る

 

整体師やセラピストの仕事に興味のある方は下の記事で徹底的に解説しています。

【失敗しない】整体師・セラピストへの道!おすすめスクールも
【失敗しない】整体師・セラピストへの道!おすすめスクールも

整体師やセラピストは、人の心と身体を癒すことができ、そして自分自身の健康や幸福度を高めることのできる、最も素晴らしくやりがいのある仕事だと僕は心から思っています。 「マッサージが好き」「人を癒したい」 ...

続きを見る

 

たろー
たろー
マッサージ関連のサイト⇩

マッサージ・リラクゼーションの検索・予約サイト

おすすめ整体師・セラピストスクール

マッサージ・セラピストの求人サイト

※現在はGoogleで【マッサージ 求人】とか【セラピスト 求人】と普通に検索すると"Google for jobs"といって「広告」と書かれた枠に、indeedのようにほぼ全ての求人情報が表示されるので、indeedすら利用する必要もなくなってきましたね。マッサージ師やセラピストの有名求人サイトである、リジョブ、ジョブメドレー、美プロなどの求人情報もほぼすべて掲載しています。

 

-トリガーポイント, 頭痛・首こり・顔の痛み