ヨガ・ピラティス

ピラティスvsヨガ:向き不向き『あなたに向いているのは?』

本サイトの記事にはアフィリエイト広告が含まれています。

ピラティスvsヨガ:向き不向き『あなたに向いているのは?』

ピラティスとヨガのどちらを始めようか迷っているあなたは、この記事でどちらが向いているのかを確かめてみましょう。

 

ピラティとヨガのどちらも、私たちの心と体を健康で豊かにしてくれる素晴らしいワークですが、最終的な目標やそれを達成するためのアプローチ方法にはいくつかの違いがあります。

 

この2種類の人気のあるエクササイズのメリットを調べて、どちらがあなたに向いているのかを判断し、自信を持って目標や日々の生活に彩りを与えるために挑戦しましょう!

 

たろー

たろー

アメリカの大学でスポーツ経営を学び卒業。帰国後、温浴施設でのセラピスト業務、バレエカンパニーでのマッサージトレーナー、Googleオフィスでのマッサージ業務、リラクゼーションサロン経営などを経て、現在ブロガー&ライターとして、マッサージ、瞑想、ヨガなど、癒しや健康についての記事を書いています。

 

こちらもチェック

 

ピラティスとヨガの違い

ピラティスとヨガの基本的な違いを知ることは、どちらがあなたに向いている、もしくは不向きなのかを理解するために重要です。

 

ピラティスは、制御された動きによって体幹や体の深部の筋肉をターゲットにし、それらをより強く保ち、バランスと柔軟性を高めるエクササイズです。一方のヨガは、姿勢を呼吸法や瞑想と組み合わせることで、身体的および精神的健康の両方に焦点を当てたワークとなります。

 

全体的な身体の強さを改善したり、体型を整えたり、姿勢を矯正したりしたい人にとっては、ピラティスはヨガよりも優れているでしょう。マインドフルな精神的効果も期待できますが、より西洋医学的に筋肉やバランスを強化し、美しい体型を作りたい方やスポーツのパフォーマンスを向上させたい方に向いています。

 

一方、全体的なリラクゼーション体験のために瞑想と身体の姿勢を組み合わせる能力があるヨガを好む人もいます。ヨガの主な利点は、身体活動中に精神的に集中し続けるのに役立つさまざまなポーズを移動するときに、呼吸に集中しやすくなることです。これにより、精神的な安らぎと強さを向上できる他、仕事や勉強などの日常業務に必要な集中力レベルを向上させる効果も期待できます。

 

基本的に、ピラティスとヨガはどちらも個人のニーズに応じて多数の効果を期待できますが、より分かりやすくお互いの特徴をまとめてみましたので、どちらが自分に合っているのかを判断する参考にしてみましょう。

 

ピラティスの特徴

  • 体幹・バランスを意識
  • 身体的な健康を重視
  • 西洋医学的
  • ボディメイクに効果的

 

 

ヨガの特徴

  • 瞑想・呼吸を意識
  • 精神的な健康を重視
  • スピリチュアル的
  • 心身のマインドフルネスに効果的

 

 

ピラティスの向き不向き

ピラティスは、姿勢、強さ、コントロールを向上させるために設計されたエクササイズを通じて、体幹の強化とバランスの改善に主な焦点を当てています。レッスンでは、体幹の安定性を高める動きを実行しながら、中立的な背骨の位置を維持することに重点を置いています。

 

ピラティスは体幹の筋肉を強化することで知られています。筋力と柔軟性の両方を向上できるので、多くの人に人気のあるエクササイズで、フィットネスレベルに基づいてワークアウトをカスタマイズできるため、初心者にも経験豊富なユーザーにも、体型や年齢も関係なく、どんな人にも最適なワークアウトになります。

 

元々、怪我をした人のリハビリプログラムとして開発されたピラティスなので、怪我の影響によって運動が制限されている人や、肩こりや腰痛と言った慢性痛、慢性の関節炎を抱えている人でもピラティスを行い、その恩恵を受けることができます。

 

ただし、解剖学的に体系化された制限された動きの中で行うエクササイズですので、ヨガのようにスピリチュアルで独創的な、心の浄化を求める方には向いていない可能性もあります。

 

しっかりと目標立てて、ボディメイクやダイエットに取り組みたい方にとっては、ピラティスが最善の選択になる可能性が高いでしょう。

 

ヨガの向き不向き

ヨガは何千年も前から存在しており、さまざまなバリエーションがあります。主に、身体のポーズ、呼吸法、瞑想テクニックの組み合わせで構成されています。ヨガは内面の気づきと心の平穏を育みながら、強さ、調整、柔軟性、バランスを構築することに焦点を当てています。

 

ヨガは、柔軟性を高めながらも、自分の心と体の状態と向き合い、精神的な健康を促進する歴史あるワークアウトで、基本的にはどのような方も取り組むことはできますが、自分の体重を巧みに操る筋力とバランス力が必要になるため、成長にはある程度の時間を要します。

 

怪我や関節炎のために現在の可動性に懸念がある場合や、肩こりや腰痛といった慢性的な痛みの対処法として考えるなら、ピラティスの方が適している可能性があります。また、ボディメイクやダイエットといった目標が明確な場合もピラティスが有利でしょう。

 

ただし、ヨガの呼吸法や瞑想法を学ぶことは、あなた自身とあなたの人生をより深く見つめ直す素晴らしい発見を与えてくれます。よりより生活を送るためのマインドフルな気づきを得たい場合は、ヨガを習得すると良いでしょう。

 

結論

現在は、ヨガもピラティスも健康やスタイル維持のためのエクササイズとして人気が高いと言えますが、

 

「ピラティス」=体幹やバランスを意識したエクササイズ的な要素が強い身体的な健康を重視

「ヨガ」=瞑想や呼吸を意識した精神的な健康を重視

 

と考えることができ、あなたがどちらを重要に考えるかで選択すると良いでしょう。

 

だいたいのピラティススタジオやヨガスタジオでは、無料~格安の体験レッスンを用意しているため、自分がどちらに適しているかを体験してみることをお勧めします。

 

こちらもチェック

ピラティススタジオおすすめ10選【店舗数&口コミ&料金比較】
ピラティススタジオおすすめ10選【店舗数&口コミ&料金比較】

美容・健康・ダイエットに大人気のピラティス。芸能人・スポーツ選手・韓国アイドルと、たくさんの著名人も、美しいボディメイクや体幹強化のためにピラティスに取り組んでいます。   大流行中のピラテ ...

続きを見る

ピラティス資格はどこがいい?【国際PMA加盟おすすめ5校】
『ピラティス資格はどこがいい?』おすすめ5校を徹底比較!

海外セレブをはじめ、国内の芸能人・モデル・スポーツ選手にも人気のピラティス。ヨガをより解剖的に捉えた西洋医学的なアプローチで、健康管理・ボディメイク・体幹トレーニング・リハビリに一環としても注目されて ...

続きを見る

-ヨガ・ピラティス