ヨガ・ピラティス

【ヨガ資格の種類】インストラクター資格6選&趣味向け資格3選

【ヨガ資格の種類】インストラクター資格6選&趣味向け資格3選

ヨガ資格の種類について解説していきます。

代表的ヨガインストラクター6選」「短期取得可能な資格」「オンライン取得可能なヨガインストラクター資格」「趣味向けのかんたんヨガ資格おすすめ3選」をそれぞれ解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

たろー

たろー

アメリカの大学でスポーツ経営を学び卒業。帰国後、温浴施設でのセラピスト業務、バレエカンパニーでのマッサージトレーナー、Googleオフィスでのマッサージ業務、リラクゼーションサロン経営などを経て、現在ブロガー&ライターとして、マッサージ、瞑想、ヨガなど、癒しや健康についての記事を書いています。

 

代表的ヨガインストラクター資格6選

ヨガインストラクター資格の種類

ヨガインストラクターを目指すには、まず資格の種類を把握する必要があります。

資格の選択を間違ってしまうと、のちのち必ず後悔しますので、しっかり把握しておきましょう。

ヨガインストラクターの資格は、数えればキリがないほどあるのですが、日本で代表的なのは下記の6団体が発行している資格になります。

 

ヨガインストラクター資格6選

  1. 全米ヨガアライアンス(RYT)
  2. インド中央政府公認資格(YIC)
  3. 社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)
  4. 一般社団法人国際ヨガ普及協会(IYSA)
  5. NPO法人日本YOGA連盟
  6. 一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)

 

この中でも圧倒的知名度で世界でも通用する国際資格が、全米ヨガアライアンス認定のRYTになります。

RYT=Registered Yoga Teachersの略なので、認定ヨガ講師ということになります。

RYTのなかにも様々な種類の資格があるのですが、一般的なヨガインストラクターであれば、最初に目指すべき資格が「RYT200」になります。

全米ヨガアライアンス認定200時間のコースを修了したら受領できる資格ですね。

 

まずはこの資格

全米ヨガアライアンス認定 RYT200

 

さらに上を目指す場合は、RYT500→ERYT200→ERYT500といったステップになります。

RYTにこだわらないという方は、コスパが良いJYIAの選択肢もありです。

 

代表的な6つのヨガインストラクター資格についてそれぞれ解説していきます。

 

1. 全米ヨガアライアンス(RYT)

圧倒的知名度で世界でも通用する国際資格が、全米ヨガアライアンス認定のRYTになります。

RYT=Registered Yoga Teachersの略なので、認定ヨガ講師ということになります。

RYTのなかにも様々な種類の資格があるのですが、一般的なヨガインストラクターや初心者の方が最初に目指すべき資格が「RYT200」です。

全米ヨガアライアンス認定200時間のコースを修了したら受領できる資格ですね。

資格取得の流れとしては、RYS(Registrated Yoga School)と呼ばれる認定校に登録された養成スクールで、ヨガインストラクター養成コースを修了後に、全米ヨガアライアンスに登録するというのが一般的ですね。

 

ココがポイント

悩んだらRYTで間違いなし!

 

ヨガ資格の選択に悩んでいるのなら、とりあえずRYT200の取得を目指せば良いでしょう。

さらに上を目指す場合は、RYT500→ERYT200→ERYT500といったステップになります。

 

資格取得費用と期間

資格:全米ヨガアライアンス(RYT)

費用:40~60万円

期間:約3カ月~1年(かなりバラバラ)

 

全米ヨガアライアンス認定RYT200資格取得におすすめのスクールは以下の4校になります。

 

 

コロナ禍の今だけ、全米ヨガアライアンスは、RYT200の資格をオンラインのみで受講&取得可能にしていますので、自宅でオンライン受講をご希望の方は下の記事をご覧ください。

※現在のところオンライン受講は2023年末まで

ヨガ資格【RYT200】オンラインスクールおすすめBEST10

 

2. インド中央政府公認資格(YIC)

ヨガの本場であるインド政府が公認する資格です。

全米ヨガアライアンスと並び、世界的に有名なヨガ資格の一つですね。

他の民間資格と比較すると、かなり条件やハードルが高い資格ですが、信頼度は高いと言えます。

片岡鶴太郎さんもこちらの資格保持者ですね。

日本ですと、日本ヨーガ・ニケタンというスクールが有名です。

 

資格取得費用と期間

資格:インド中央政府公認資格(YIC)

費用:10~20万円

期間:約1年

公式サイト▼

日本ヨーガ・ニケタン 公式サイト

 

3. 社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)

国内民間資格の中で、人気・満足度が高く評判が良いのがJYIAになります。

RYTにこだわらないと言うのであれば、JYIAの資格取得がコスパも良くおすすめです。

初心者からでも、3級と2級を同時受講することで、JYIA認定のヨガインストラクター資格が取得できます。

 

資格取得費用と期間

資格:社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)

費用:約25万円

期間:最短2週間~

公式サイト▼

JYIA日本ヨガインストラクター協会

 

4. 一般社団法人国際ヨガ普及協会(IYSA)

人気ヨガスタジオのアミーダがIYSA認定ヨガインストラクター資格の認定スタジオとなっています。

川崎にある国内初の宿泊施設を備えた認定ヨガスクール「アミーダヨガアカデミー」だと、仲間と一緒に1カ月みっちりとヨガを学べます。

IYSA認定ヨガインストラクター資格と同時に、RYT200も取得できます。

 

資格取得費用と期間

資格:一般社団法人国際ヨガ普及協会(IYSA)

費用:約53万円

期間:1カ月~6カ月

公式サイト▼

IYSA・RYT200同時取得【アミーダヨガアカデミー】

 

5. NPO法人日本YOGA連盟

お手軽に7日間で連盟認定のヨガインストラクター資格取得を目指せます。

全国各地で定期的に開催されている7日間の講座を受講して、年2回開催されているインストラクター認定試験に合格すれば、資格取得できます。

外部というよりは、連盟内で活動する方向けの資格ですね。

 

資格取得費用と期間

資格:日本YOGA連盟認定

費用:約12万円

期間:7日間

公式サイト▼

NPO法人日本YOGA連盟 公式サイト

 

6. 一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)

AJYA認定のヨガライセンスが1級・2級・3級とあります。

一番下の3級を合格すれば、認定スクールでインストラクターとして指導できますが、認定スクールは少なめです。

 

資格取得費用と期間

資格:一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)

費用:約9万円

期間:スクールによる

公式サイト▼

一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)公式サイト

 

短期で取得できるヨガインストラクター資格

いくら短期で取得できるとはいえ、やはりそれなりに信頼度の高い資格でないと、あまり価値がありません

やはりRYT200、最低でもJYIAの資格をおすすめします。

RYT200ですと、そもそも200時間の講座を受講しなければいけませんので、普通に通学すると最低3カ月はかかってしまいますが、短期集中講座を用意しているスクールですと1ヵ月ほどで資格取得が可能になります。

RYT200を短期で取得するなら、以下の3つのスクールがおすすめです。

 

 

JYIAでも良いのであれば、2・3級同時でも2週間で取得可能です。

JYIA日本ヨガインストラクター協会

 

ただ、現在は大半のスクールがオンライン講座を開催しているので、こちらですと集中的に短期で資格取得も可能です。

次の章で解説します。

 

オンライン取得可能なヨガインストラクター資格

全米ヨガアライアンスは、コロナ禍の今だけ、オンラインでRYT資格取得を可能にしました。

この状況が落ち着くまで延長される見込みですが、いつ取りやめになるかはわかりませんので、今がチャンスです。

有名ヨガスクールも続々とオンライン通信講座を開催しており、通常の通学よりも費用面でかなりお得に受講できるので、定員になる前に申し込みましょう。

オンライン講座ですと、スムーズに授業を受けられる環境が整っていた方が良いので、有名なスクールが安心ですね。

オンラインでRYT200を取得できるおすすめスクールについては、下の記事で紹介しています。

ヨガ資格【RYT200】オンラインスクールおすすめBEST10

 

趣味向けかんたん通信ヨガ資格おすすめ3選

本格的なヨガインストラクター資格ではないのですが、自宅で簡単に取得できる趣味向けの通信ヨガ資格もあるので紹介します。

「ヨガが好きだからもう少し知識を深めたい」「安く早く取得できて、箔がつく資格が欲しい」という方向けですね。

人気・満足度・口コミ評価を比較したところ、以下の3つがおすすめです。

 

1. はじめてのヨガ&ピラティス講座(ユーキャン)

おなじみのユーキャンの通信講座ですね。

ヨガと同時に、西洋的なエクササイズを取り入れたピラティスの知識も学べます。

 

資格取得費用

 

2. ヨガインストラクター資格(formie)

formieはスマホ1台で資格取得ができるお手軽通信講座です。

学習も試験もすべてWeb上で行います。

ヨガの歴史や哲学、心身の健康へのアプローチだけではなく、美容目的としてのヨガの活かし方も学べます。

 

資格取得費用

 

3. ヨガプロフェッショナル資格(ラーキャリ)

「美容やダイエット」「心身の健康改善やストレス軽減」を目指した、ヨガについてのありとあらゆる知識を得ることができる講座です。

ヨガの「起源」から「哲学」をはじめ、「瞑想や呼吸法」、「ヨガのポーズ」など、ヨガのプロフェッショナルとして必要な知識を習得することができる資格ですね。

 

資格取得費用

教材+試験:49,500円

試験のみ:11,000円

ヨガプロフェッショナル資格(ラーキャリ)

 

さいごに

以上がヨガ資格の種類についての解説となります。

ヨガインストラクターを目指している方は、下の記事で、「ヨガ資格の種類」「ヨガインストラクターのなり方」「給料事情」「講師にむいている人の特徴」「おすすめスクール」について、徹底的に解説しているので、ぜひご覧ください。

【人生を変える】ヨガインストラクターへの道!おすすめ資格も
【人生を変える】ヨガインストラクター資格取得への道!

ヨガで人生を変える。 「ヨガに興味がある」「ヨガインストラクターになりたい」「大好きなヨガをライフワークにしたい」 このような方々に届いてくれればと思っています。   今日は、【人生を変える ...

続きを見る

 

-ヨガ・ピラティス