ヨガ・ピラティス

【ヨガインストラクターになるには?】3つの方法を解説

【ヨガインストラクターになるには?】3つの方法を解説

あなた
あなた
ヨガインストラクターになるにはどうしたらいいの?
かかる費用と期間はどのくらい?
年齢は関係ない?
ヨガ初心者でも大丈夫?

こんな疑問にお答えします。
たろー
たろー

 

たろー

たろー

アメリカの大学でスポーツ経営を学び卒業。帰国後、温浴施設でのセラピスト業務、バレエカンパニーでのマッサージトレーナー、Googleオフィスでのマッサージ業務、リラクゼーションサロン経営などを経て、現在ブロガー&ライターとして、マッサージ、瞑想、ヨガなど、癒しや健康についての記事を書いています。

 

こんにちは、たろーです。

今日は、「ヨガインストラクターになるにはどうしたらいいのか?」と疑問のあなたに、「ヨガインストラクターになるための3つの方法」「インストラクターになるまでにかかる費用と期間」「年齢は関係ないのか?」「ヨガ初心者からでも目指せるのか?」について解説していきます。

 

まず結論を先に述べますと、

 

ヨガインストラクターになるには

資格取得ならRYT200かJYIA2級がベター

未経験で就職してもOK

ヨガ講師になる3つの方法

  1. 趣味でヨガをやり経験をつむ→RYT200かJYIA2・3級の資格取得
  2. 初心者からRYT200かJYIA2・3級の資格取得
  3. 未経験でヨガスタジオでインストラクターとして働く

資格取得費用

RYT200:約40~60万円

JYIA2・3級:約25万円

資格取得期間

RYT200:約3カ月~1年(かなりバラバラ)

JYIA2・3級:最短2週間~

年齢は?

全く関係なし!

初心者は?

問題なし。資格取得も就職も可能。

 

このような感じになります。

詳しく解説していきますね。

 

ヨガインストラクター資格の種類

「ヨガインストラクターのなり方」を解説する前に、まずはどんな資格があるのかを知っておく必要があります。

ヨガインストラクター資格は、数えればキリがないほどあるのですが、日本で代表的なのは下記の5団体が発行している資格になります。

 

代表的なヨガ資格

  1. 全米ヨガアライアンス(RYT)
  2. 社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)
  3. 一般社団法人国際ヨガ普及協会(IYSA)
  4. NPO法人日本YOGA連盟
  5. 一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)

 

この中でも圧倒的知名度で世界でも通用する国際資格が、全米ヨガアライアンス認定RYTになります。

RYT=Registered Yoga Teachersの略なので、認定ヨガ講師ということになります。

RYTのなかにも様々な種類の資格があるのですが、一般的なヨガインストラクターであれば、最初に目指すべき資格が「RYT200」になります。

全米ヨガアライアンス認定200時間のコースを修了したら受領できる資格ですね。

 

ココがポイント

まずはこの資格=RYT200

 

さらに上を目指す場合は、RYT500→ERYT200→ERYT500といったステップになります。

RYTにこだわらないという方は、コスパが良いJYIAという選択肢もアリです。

ヨガインストラクター資格の詳しい説明や、おすすめの養成学校は下の記事で紹介しています。

【ヨガインストラクター資格】おすすめ養成スクール5校はココ!

 

ヨガインストラクターになるには?【3つの方法】

じゃあ、「ヨガインストラクターには上記の資格が絶対必要なの?」と言われると、実はそうではありません

上記はすべて日本の国家資格ではない民間資格になるので、法による縛りはありません。

極論を言えば、資格なしでもヨガインストラクターと名乗ることは可能です。

結局は肩書きよりも、インストラクターの実力と人気次第で生徒さんを呼ぶことはできるということですよね。

ただ、やはり箔をつけるファーストステップという意味では、RYT200の資格取得を目指す方が多いです。

RYT200を最低条件として求人募集しているスタジオやスクールもあるぐらいです。

ヨガインストラクターになる一般的な方法としては以下の3つがあります。

 

ヨガ講師になる3つの方法

  1. 趣味でヨガをやり経験をつむ→RYT200かJYIA2・3級の資格取得
  2. 初心者からRYT200かJYIA2・3級の資格取得
  3. 未経験でヨガスタジオでインストラクターとして働く

 

初心者や、ある程度ヨガを学んだ方が、RYT200かJYIA2・3級の資格取得を目指すのが王道ですね。

未経験でいきなりヨガスタジオで働いてインストラクターを目指すというのも全然アリです。

未経験でも求人募集・採用を行っている会社はたくさんありますし、大手ホットヨガスタジオのインストラクターも、その大半が未経験出身だったりします。

【LAVA】未経験でもOK!ヨガインストラクター採用

 

「働く」ということは、「自由にヨガを学び、自分が目指すヨガインストラクターになるための経験を積む」ということではないので、その辺りはしっかりと理解しておいた方が良いですね。

いずれにしても、「独立を目指す」「ヨガインストラクターとして自立したい」というのであれば、いつかは資格取得が必要になってくるでしょう。

【ヨガインストラクター資格】おすすめ養成スクール5校はココ!

 

ヨガインストラクターになるための費用と期間は?

未経験でヨガスタジオに就職してインストラクターを目指す場合は、働いてお給料を貰いながらということになるので、かかる費用は実質ゼロです。

インストラクターとしてデビューするまでの期間は各ヨガスタジオによって様々ですが、研修終了後にすぐデビューなんてこともあります。

ただ、最低1年はしっかりと経験を積んでほしいところではあります。

 

資格を取得する場合は、RYT200なら約40~60万円で、学習期間は200時間、約3カ月~という感じです。

1年ほどゆっくりかけて資格取得を目指すケースもあれば、最短だと18日間というスクールもあります。

JYIAの場合は3級と2級を同時取得で、約25万円最短2週間で取得可能です。

どちらの資格を取得しても、すぐに立派なインストラクターになれるということではないので、その後の活躍は経験と努力が重要になってきます。

 

資格取得費用

RYT200:約40~60万円

JYIA2・3級:約25万円

資格取得期間

RYT200:約3カ月~1年(かなりバラバラ)

JYIA2・3級:最短2週間~

 

ヨガインストラクターになるのに年齢は関係ある?

年齢は全く関係ないですね。

ただ、未経験でヨガスタジオで働くとなると、各会社で年齢制限はあるので、そういった場合は、ヨガの経験を積んで、資格取得を目指すという道になります。

 

ヨガインストラクターは初心者から目指せる?

初心者でも全く問題なしです。

上でも説明したように、未経験からヨガスタジオで働くことは可能ですし、ヨガ初心者から資格取得を目指すコースもあるので、どんどんチャレンジしていきましょう。

 

まとめ

今日は、「ヨガインストラクターになるには?」について解説していきました。

もう一度おさらいすると、

 

ヨガインストラクターになるには

資格取得ならRYT200かJYIA2級がベター

未経験で就職してもOK

ヨガ講師になる3つの方法

  1. 趣味でヨガをやり経験をつむ→RYT200かJYIA2・3級の資格取得
  2. 初心者からRYT200かJYIA2・3級の資格
  3. 未経験でヨガスタジオでインストラクターとして働く

資格取得費用

RYT200:約40~60万円

JYIA2・3級:約25万円

資格取得期間

RYT200:約3カ月~1年(かなりバラバラ)

JYIA2・3級:最短2週間~

年齢は?

全く関係なし!

初心者は?

問題なし。資格取得も就職も可能。

 

こんな感じでした。

ヨガインストラクターは、あなた自身と向き合うにも、生徒さんと心を通わせて健康なライフスタイルのサポートをするにも、とても素晴らしい職業ですので、少しでも興味のある方は、臆せずにチャレンジしてみることをおすすめします。

ヨガをあなたのライフワークにしちゃいましょう!

 

ヨガインストラクター資格のおすすめ養成スクールは↓で紹介しています。

【ヨガインストラクター資格】おすすめ養成スクール5校はココ!
【ヨガインストラクター資格】おすすめ養成スクール5校はココ!

あなたヨガインストラクター資格取得におすすめの養成スクールってどこ? オンライン講座はあるの? 資格にはどんな種類があるの? そんなあなたの疑問にお答えします。 たろー たろー アメリカの大学でスポー ...

続きを見る

 

-ヨガ・ピラティス

Copyright© ルーラルリトリート , 2020 All Rights Reserved.