ヨガ・ピラティス

ヨガインストラクターになるには?資格の種類・給料すべて解説

ヨガインストラクターになるには?資格の種類・給料すべて解説

あなた
あなた
ヨガインストラクターになるにはどうしたらいいの?
ヨガ資格にはどんな種類があるの?
ヨガ講師に向いてる人はどんな人?
ぶっちゃけお給料事情は?
そんな疑問にお答えします。
たろー
たろー
たろー

たろー

アメリカの大学でスポーツ経営を学び卒業。帰国後、温浴施設でのセラピスト業務、バレエカンパニーでのマッサージトレーナー、Googleオフィスでのマッサージ業務、リラクゼーションサロン経営などを経て、現在マッサージブロガーとして活動しています。

 

こんにちは、たろーです。

今日は、「ヨガインストラクターになるにはどうしたらいいのか?」と疑問のあなたに、「ヨガインストラクター資格の種類」、「ヨガインストラクターのなり方」や、「ヨガインストラクターに向いている人」、気になる「お給料事情」なんかについても、わかりやすく解説していきます。

ヨガをライフワークにしたい」「ヨガの講師として働きたい」「ヨガを極めたい」と思っている方に参考になるかと思います。

 

ヨガインストラクター資格の種類

「ヨガインストラクターのなり方」を解説する前に、まずはどんな資格があるのかを知っておく必要があります。

ヨガインストラクター資格は、数えればキリがないほどあるのですが(というか、面倒なのですべて数えたことはありませんがw)、日本で代表的なのは下記の5団体が発行している資格になります。

1. 全米ヨガアライアンス(RYT)

2. 社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)

3. 一般社団法人国際ヨガ普及協会(IYSA)

4. NPO法人日本YOGA連盟

5. 一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)

この中でも圧倒的知名度で世界でも通用する国際資格が、全米ヨガアライアンス認定のRYTになります。

RYT=Registered Yoga Teachersの略なので、認定ヨガ講師ということになります。

RYTのなかにも様々な種類の資格があるのですが、一般的なヨガインストラクターであれば、最初に目指すべき資格が「RYT200」になります。

全米ヨガアライアンス認定200時間のコースを修了したら受領できる資格ですね。

 

まずはこの資格

全米ヨガアライアンス認定 RYT200

 

さらに上を目指す場合は、RYT500→ERYT200→ERYT500といったステップになります。

RYTにこだわらないという方は、コスパが良いJYIAの選択肢もありです。

 

ヨガインストラクターになるには?

じゃあ、「ヨガインストラクターには上記の資格が絶対必要なの?」と言われると、実はそうではありません

上記はすべて日本の国家資格ではない民間資格になるので、法による縛りはありません。

極論を言えば、資格なしでもヨガインストラクターと名乗ることは可能です。

結局は肩書きよりも、インストラクターの実力と人気次第で生徒さんを呼ぶことはできるということですよね。

ただ、やはり箔をつけるファーストステップという意味では、RYT200の資格取得を目指す方が多いです。

RYT200を最低条件として求人募集しているスタジオやスクールもあるぐらいです。

ヨガインストラクターになる基本的な流れは下の3つですね。

1. 趣味でヨガをやり経験をつむ→RYT200かJYIA2級の資格取得

2. 初心者からRYT200かJYIA2級の資格

3. 未経験でヨガスクールでインストラクターとして働く

働き口としては

  • ヨガスクールでバイトか正社員
  • フリーでスクールやスタジオと業務委託
  • 自身のスクールやスタジオを開く

こんな感じです。

YouTubeやInstagramで自己発信していくのも今後は増加するでしょう。

 

ヨガインストラクターに向いてる人とは?

では一体、どんな人がヨガインストラクターに向いていると言えるのでしょう?

僕が考える、ヨガインストラクターに向いている人はこんな感じ。

 

1. ヨガが好き

ここは絶対条件ですよね。

ヨガが好き、ヨガの魅力を伝えたいという気持ちがないと、良いインストラクターにはなれませんし、周りも認めてくれることはないでしょう。

ただ、必ずヨガをライフワーク(ヨガだけで生活)にしていなければいけないのかと言うと、そうではありません。

一流シェフだけが料理を教えているわけではないのと同じように、ヨガインストラクターも必ずしも一流である必要はありません。

生徒さんも全員がプロフェッショナルを目指しているわけではないので、生活の一部にヨガを取り入れて、より健康で充実したライフスタイルを築かせてあげることができるかが重要です。

 

2. 人が好き

人と関わる仕事である以上、人が嫌いではいけませんよね。

すべての生徒さんに等しく愛情を持てとまでは言いませんが、人に興味を持ち、ヨガを通じてその人の成長に寄与する気持ちが必要です。

 

3. 自律心

自立心ではなく、「自律心」です。

自分を律することのできる能力ですね。

ヨガを教える立場である人が、不健康な生活、不健康なスタイルをしていては、良いお手本になりません。

また、様々な生徒がいる中で、一人一人の言動に感情的に接することも良くないですね。

自分の感情を抑制し、穏やかな心で接することも重要です。

 

4. 共感力

「人に寄り添う気持ち」がとても重要になってきます。

自分勝手に、自分の好きなようにレッスンを進めるのではなく、その生徒がどんな所でつまずき悩んでいるのかを察し、共感しながら教えていく必要があります。

インストラクターに限らず、どんな仕事でも「共感力」というのは大事な要素となります。

 

5. 説明力

ここも共感力と通ずるところなのですが、生徒さんの目線に立って、わかりやすく丁寧に説明する能力が必要です。

あなたも初めは初心者だったわけですから、その時の気持ちを思い出し、目線を下げて教えられるかが重要です。

また、自分の動きや感情を言葉にしてわかりやすく説明する必要があります。

どこを、どうやって、どういうイメージで動かすのかなど、しっかりと自分の頭の中を言語化して表現できるようになると、生徒さんの理解度も一気に高まるでしょう。

 

ヨガインストラクターの給料は?

気になるヨガインストラクターのお給料事情ですが、平均年収だと240~400万円ぐらいのようです。

このあたりは雇用形態や実力次第でかなり変動してきますね。

 

【正社員/契約社員】

月収19~50万円

平均だと月収23万円前後の求人が一番多いですね。

 

【フリー/業務委託】

平均年収320万円+実力次第

こちらは完全に働き方と実力次第で変わってきます。

1時間のレッスン相場3000~5000円をより多くこなすか、もしくはレッスン料金を高く設定できるような人気インストラクターになるかが、高収入を得る方法になります。

 

YouTubeやInstagramでヨガ動画を配信して、人気になることができれば、一気に収入UPは可能です。

フリーで働くのであれば、やはり自己発信が成功のカギとなります。

 

おすすめのヨガインストラクター養成スクール

上記を理解して、「よし、私はどうしてもヨガインストラクターになりたい!」というあなたには、↓の記事で、ヨガインストラクター資格を取得するための、おすすめの養成スクールを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【ヨガインストラクター資格】おすすめ養成スクール5校はココ!
【ヨガインストラクター資格】おすすめ養成スクール5校はココ!

あなたヨガインストラクター資格取得におすすめの養成スクールってどこ? オンライン講座はあるの? 資格にはどんな種類があるの? そんなあなたの疑問にお答えします。 たろー たろー アメリカの大学でスポー ...

続きを見る

 

まとめ

今日は、「ヨガインストラクターになるには?」について、様々な方向から解説してみましたが、興味は湧きましたか?

ヨガインストラクターは、あなた自身と向き合うにも、生徒さんと心を通わせて健康なライフスタイルのサポートをするにも、とても素晴らしい職業ですので、少しでも興味のある方は、臆せずにチャレンジしてみることをおすすめします。

ヨガをあなたのライフワークにしちゃいましょう!

 

-ヨガ・ピラティス

Copyright© ルーラルリトリート , 2020 All Rights Reserved.